FC2ブログ

ラオス、土地はある でも、、、

本日は、とある某大手メーカー様経営陣をご案内すべく、
ラオス中部サバナケット近郊の山の中を視察です。
某企業様のご用命で、繊維を作るための作物を弊社で手掛けています。
その状況確認です。
ケナフ 視察
斉藤、先頭切って歩きます。
暑い、蚊が多い、とブーブー心の中で呟きながら(笑)

さて、ラオスは日本の本州とほぼ同じ面積の国土がありますが、
人口はわずか700万人。
よって、人口密度もさることなら、土地は広大にあるわけです。
農業適した土地も、観光地の近くも、たくさんあります。
しかし、さまざまな用途に適した土壌があるとはいえ、
残念ながら開墾が全くされておらず、
いわゆる「手つかずの森」ばかり、ということです。
多くの方から、不動産投資や、農業などのお問い合わせをいただきますが、
残念ながらラオスは、他国のようにパッケージ商品化にはまだされていないのが現状です。
それでもフロンティア、という言葉がしっくりいくように、
手つかずのところに、きちんと正確に行儀よく投資をしてあげることで、
良い結果を生むのではないかな~、と日々思っています。

だからこそ、自ら山に入って調査を進めるには理由がありまして、
情報の少ないラオスだからこそ、不安に思わず進出いただくために、
少しでもそのお手伝いができたら、と、今日も動いています!

でも、ここ最近は近隣諸国の投資のスピードが早く、
また金額も大きくなってきている感じも受けています。
農業分野でも、日本の「まずはテスト栽培から~」という形をすっ飛ばして、
6000ヘクタール栽培だなど、規模がすごいです。
この日本の慎重さは、良きも悪しきもありますね!

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

斉藤 真紀

Author:斉藤 真紀
(株)アムズインターナショナル
代表取締役社長

ラオスと関わりを持って早10年。
ラオス専門コンサルタント会社の社長として現在奮闘中!
ラオス進出支援、ラオス語翻訳通訳事業、ラオスからの商材輸入などラオス専門で営業。
情報がほとんどないラオスという国ながら、豊富な人脈と情報網が最大の売り!
ラオス進出をお考えの企業様のお手伝いをいたします。

メールでのお問い合わせ
maki@amzgp.com

- AMZ Groupご紹介 -
Japan:
(株)アムズインターナショナル
Beerlao Japan

Overseas:
AMZ Group
Avalon Hotel(ラオス)
Sabai Eli レストラン(ラオス)

ラオスのビール好評発売中!!
Beerlao Japan

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント