FC2ブログ

ラオス地方、貧困地区をしばらく回ってきました その2

ご報告のつづきです、、、

前回報告の写真をご覧になってもお分かりになると思いますが、
ラオスはどんな地方都市でも電気はしーっかりと通っています。
送電線の技術があまりないのと、お高いので北部中国国境沿いなどには
なかなか配電されていなかったのですが、
ここ最近はメキメキと送電線網が伸びています。
どんな地方でも電気は煌々とついておりました、、、!ラオス素晴らしい!

でも道中、こんな風景が、、、
山焼き

ちょうどシーズンだったこともあり、あらゆるところで山焼きをしていました。
雨期に入るちょっと前4~6月頃がちょうど種まきシーズンです。
その前にいっきに山焼きをするのでしょう。
ビエンチャンに到着したとき、どうしてこんなに町が煙たいのかなー、目が痛いなー、と
疑問に思っていたのですが、原因はこれだったのですね。
案の定、在ラオス日本大使館から注意喚起が入りました。

↓以下参考
-----------------------------------------------------------
ラオスにおける煙害について(注意喚起)
平成25年3月29日  在ラオス日本国大使館

ラオスおよびタイ北部では、毎年、2月頃から4月頃まで間、各地において、山焼きや野焼き等が行われますが、この影響によって、現在、ラオスでも煙害(ヘイズ)が発生しております。
山焼きや野焼き等によって発生する空気中の粒子状物質は、現在、中国における大気汚染によって大量に発生している粒子状物質(PM2.5)と同様、体内に入ると、健康への影響が懸念されます。
つきましては、在留邦人の皆様におかれては、下記の関連ホームページ等において大気の汚染状況を確認し、汚染の激しい日は、大気汚染から身も守るためにも、以下の対策を講じることをお勧めします。

・ 不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
・ 外出する場合は、努めてマスクを着用する。
・ 帰宅後は、手洗いやうがいを徹底する。
・ 室内には、空気清浄機を設置する。
・ ドアや窓を閉め、風が通る隙間もふさぐ。
---------------------------------------------------------------------

うーーん、ラオスでこれは難しいな、、、と思いながらも、心がけるように。

農業の国ラオスでは、最近、チャイナプラスワン、タイプラスワンということで、
多くの企業様が入って農業を検討されています。
我々はお手伝いさせていただく中で、ただ原料を作って輸出するだけではなく、
ぜひ簡単でもいいので加工までラオスでしてから海外へ輸出を、と思っております。
一方ラオスの農家の方々は大変アグレッシブに日本企業様とのビジネスに期待しています。
「日本人には何を作ったら買ってくれるんだ!」と目をキラッキラさせてメモ帳を持って
話を聞きにくる農家の方もいらっしゃいます。

農民のため山焼きの重要性と、自然破壊や大気汚染の環境問題、
農業国ラオスでもいろいろと均衡が難しいということですね。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

斉藤 真紀

Author:斉藤 真紀
(株)アムズインターナショナル
代表取締役社長

ラオスと関わりを持って早10年。
ラオス専門コンサルタント会社の社長として現在奮闘中!
ラオス進出支援、ラオス語翻訳通訳事業、ラオスからの商材輸入などラオス専門で営業。
情報がほとんどないラオスという国ながら、豊富な人脈と情報網が最大の売り!
ラオス進出をお考えの企業様のお手伝いをいたします。

メールでのお問い合わせ
maki@amzgp.com

- AMZ Groupご紹介 -
Japan:
(株)アムズインターナショナル
Beerlao Japan

Overseas:
AMZ Group
Avalon Hotel(ラオス)
Sabai Eli レストラン(ラオス)

ラオスのビール好評発売中!!
Beerlao Japan

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント