FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張日記 シェンクワンのこんにゃく芋が、、、

こんにゃく芋ってラオスにもあるんだ~っと思われる方多いと思います。
そうなんです。我々がよく口にするこんにゃくはほぼ群馬産かと思いますが、
実はこんにゃく芋は、東南アジアが原産といわれています。
こんにゃく芋
これが、こんにゃく芋↑
シーズン始まったばかりなので、まだ小さいですね。

ラオスにも数種類のこんにゃく芋が生息しており、
日本で好まれる種類の芋はちょうどシェンクワン県付近が産地と言われています。
実は中国ミャンマーでは、やみくもに種イモを取るだけ取ってしまったため、
種イモが枯渇してしまったと言われています。
そこで、たくさんの国の方々が種イモゲットのために、
ラオスへ入ってきている状況なのです。

本社AMZ Groupでは現地で農業法人AMZ Farmという会社を立ち上げ、
枯渇する前にこんにゃく芋を守って、ラオスで最も貧民県ともいわれるシェンクワン県の
農民の方々に栽培していただこう作戦を始めることにしました!
たまたま弊社代表シータラの祖父がシェンクワン県出身。
こんにゃく芋を村おこしならぬ県おこしとしてシェンクワン特産物にして、
ラオスで栽培、そしてゆくゆくは加工して外国に輸出できたら素晴らしいです。

写真のような小さい小さい赤ちゃん芋はとっちゃいけない、という指導も
農民の方々に教えながら、まずはゆっくりゆっくりとスタートです。
がんばるぞっ!!
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

斉藤 真紀

Author:斉藤 真紀
(株)アムズインターナショナル
代表取締役社長

ラオスと関わりを持って早10年。
ラオス専門コンサルタント会社の社長として現在奮闘中!
ラオス進出支援、ラオス語翻訳通訳事業、ラオスからの商材輸入などラオス専門で営業。
情報がほとんどないラオスという国ながら、豊富な人脈と情報網が最大の売り!
ラオス進出をお考えの企業様のお手伝いをいたします。

メールでのお問い合わせ
maki@amzgp.com

- AMZ Groupご紹介 -
Japan:
(株)アムズインターナショナル
Beerlao Japan

Overseas:
AMZ Group
Avalon Hotel(ラオス)
Sabai Eli レストラン(ラオス)

ラオスのビール好評発売中!!
Beerlao Japan

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。